6月最後の手作りおやつは・・・

0

    雨模様が続き、晴れ間が

    恋しくなってきた今日この頃です。

    皆さんいかがお過ごしでしょうか?

     

    6月最後の手作りおやつは、季節にあわせて

    「水無月」を作りました。

     

     

     

    あまりなじみはないかも知れませんが、

    この季節に食べられることで、

    また京都の名産品とてしても有名な和菓子です。

     

     

     

     

    「水無月」というのは暦上で6月の事を指します。

     

     

    もともと室町時代の宮中で、

    氷を食べて夏バテ予防を祈願するという風習が

    6月にあり、名前の由来もそこからきています。

     

     

    ただ、その当時の一般の人々にとって

    氷はたいへん高級品でした。

    その代わりとして、氷に似たお菓子を

    食べるようになったことが

    和菓子の「水無月」の始まりと言われています。

     

    写真が今回あさひ園で作成した水無月です。

     

     

    三角形のかたちは氷のかけらや

    角をあらわしていて、小豆は

    邪気払いの意味でのせられています。

     

    本来なら、ういろうの上に小豆のせた

    蒸し菓子となるのですが、今回は豆乳寒天の上に

    小豆の寒天寄せをのせています!

     

     

    なので、ただしくは「水無月(風豆乳寒天)」

    となっております・・・が、

    皆さん珍しいお菓子に

    喜んでくださっていたようです♪

     

     

    梅雨が明ければ、夏本番。

    皆さんも夏バテには充分注意してください。

     

     


    << | 2/38PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM